まっくすからのメッセージを受けて

こんにちは。

アニマルコミュニケーターの

前鶴 かおり です。

パートナーである、まっくすとのことを少しお話ししたいと思います。

8月、体調を崩していたまっくす。

毎日お散歩行きたがる位、元気には見えるけど、下痢は止まらず、ほとんど食べれない。

獣医さんからは、

『薬が効かなくなる可能性もある。

その時には、覚悟が必要』

との見解。

私の中では、しっかりと見守るつもりで、日々を過ごしていました。

そんな最中、アニマルコミュニケーションスクールspicaのスクールの時に、先生や生徒さんから伝えてもらった、まっくすからのメッセージを受け取ってもらいました。

必死で堪えてるいる私に対して、

まっくすは、至って冷静。

『なるようにしかならない、

 心配しても具合は良くならない、

 ムリしないで、

 自然体が大切、

 自分の時間を充実させて、テニス🎾をすべき』

ありがとうとの感謝と、私の今の状態では、まだまだ逝けないと。。

その言葉を聞いて、お互いのリフレッシュと兼ねてから行ってみたかった、

奥秩父の三峰神社へ導かれるように向かいました。

犬たちは、大鳥居のところまでしか入れなかったけれど、気持ちは、一緒にお参りしてきました。

そして、今、病気や怪我に向き合っている動物たちの回復もお願いしてきました。

敷地内は、エネルギーの高さが半端なく、鳥肌が立つほど。

またその様子も詳しくお伝えしますね。

まっくすの言葉を心で受け取り、

また毎日を感謝しながら、大切に生きていこうと覚悟が出来ました。

本当にありがとうございます。

愛してるよ💖

動物の気持ち