犬が教えてくれるアニマルコミュニケーション

飼い主さんが、アニマルコミュニケーションを学び始めると、犬たちも協力してくれることがあります。
我が家の犬たちもそうでした。
スクール同席中は、エネルギーを消し、静かに待機してくれます?

先日もある変化がありました。
飼い主さんが、スクールで学びたいとご依頼頂いた数日後のこと。
写真のここあくん(ヨークシャテリア 14歳)、飼い主さんをジッーと見つめて、食べたい物を伝え始めたんです。あまり食べる事に執着がないコなんですが、事細かに伝えていました。
飼い主さんが、『ここあが食べたい物、わかると良いなぁ〜』と、呟いていたのを聞いていたんですね。

犬たちは、いろんな形で協力してくれます。
飼い主さんが、自分に興味を持ち、自分を理解しようとしてくれることに喜びを感じています?
その子の本質を理解し、共に生きて行ければ、最高のパートナーになれることでしょう。
もう一度、お互いを理解出来ているか見直すチャンスの場を提供出来れば、幸いです?