アニマルコミュニケーション講座, 動物の気持ち

飼い主さんが、アニマルコミュニケーションを学び始めると、犬たちも協力してくれることがあります。
我が家の犬たちもそうでした。
スクール同席中は、エネルギーを消し、静かに待機してくれます?

先日もある変化がありました。
飼い主さんが、スクールで学びたいとご依頼頂いた数日後のこと。
写真のここあくん(ヨークシャテリア 14歳)、飼い主さんをジッーと見つめて、食べたい物を伝え始めたんです。あまり食べる事に執着がないコなんですが、事細かに伝えていました。
飼い主さんが、『ここあが食べたい物、わかると良いなぁ〜』と、呟いていたのを聞いていたんですね。

犬たちは、いろんな形で協力してくれます。
飼い主さんが、自分に興味を持ち、自分を理解しようとしてくれることに喜びを感じています?
その子の本質を理解し、共に生きて行ければ、最高のパートナーになれることでしょう。
もう一度、お互いを理解出来ているか見直すチャンスの場を提供出来れば、幸いです? 

アニマルコミュニケーション講座

6月24日から福岡で開催予定の
『あなたもペットと話せる
アニマルコミュニケーション講座
スタートアップクラス』

西鉄高宮駅から徒歩3分
駐車場 3台あり

とてもキレイで、可愛いらしい
ワンワンサロン OGAWA さんで、開催させていただきます。

引き続き、一緒に学ぶ生徒さん募集しています。
お気軽にお問い合わせくださいませ!

動物の気持ち

母の日の翌日のアニマルコミュニケーション

セッションのご予約を頂いた時は『フレンチブルドック』とだけ伺っていました。
お会いしてみると、可愛いパピー(4ヵ月の男の子)とママ犬が迎えてくれ、産後のママさん犬のセッションでした。

彼女に意識を合わせて、最初に伝わってきたのが、とても淋しくツラい喪失感。死産だった仔を思っての感情でした。

今では、彼女は、それを乗り越え、一緒に生活しているヤンチャな男の子の成長を微笑ましく優しく見守ってました?

そして、飼い主さんには、
『温泉♨️に行って、一緒にお湯に浸かろう❣️』と。
お互い、出産・育児を頑張ったからゆっくり休養しようとの提案でした。

出産、育児を経験して、飼い主さんとこの親子の犬達は、より深い信頼関係を築いたお話しを伺えたセッションとなりました。

あまりにタイムリーな内容に、驚きました。